注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

日本橋「麦酒庵」で新政ライン飲み

麦酒といいながら、日本酒の品揃えがマニアックなお店

四谷三丁目に鎮守の森という日本酒のラインナップがマニアックなお店がありますが、以前は酒徒庵という店名でした。

麦酒庵はその系列店だという認識で、一度来てみたかったお店。

 

酒徒庵にはビールが一切おいていないのですが、こちらは麦酒庵、もちろんビールもありますが、日本酒を150種類程度揃えているそうです。

メニューに銘柄は一切載っておらず、好みを店員さんに伝えるスタイルです。ちなみにお値段も書いてません。

ビールはクラフトビールを中心に10種類程度。まずは国産のアセロラビールを。

限定酒のようでしたが、アセロラジュースのような甘さはなくまるで酢のような酸っぱさ。ビタミンCなめてました。

新政の2018頒布会酒

ご一緒したお二人は、新政大好き!

新政が有名になって久しいですが、甘酸っぱい日本酒のムーブメントは今も続いているように思います。

いきなり、昨年6月の特別頒布酒が2種が来ました。

左が亀の尾100%の貴醸純米酒、右があきた酒こまち100%を使ったほぼ全麹純米酒。

貴醸酒は本来水を使うところを、あえてお酒で醸す方法です。貴腐ワインと違って、日本酒の場合甘酸っぱい場合が多いです。

ほぼ全麹というのも、初体験。

どちらかというと、貴醸酒のほうが、酸味がやや鋭利な印象。両方、新政っぽい甘酸っぱさ。

ここでお通しが運ばれてきました。枝豆の煮浸しと、丁寧に出汁がとられたお吸い物。

お吸い物にはホタルイカが入っていて、ちょっとめずらしい組み合わせ。出汁を吸ったワタがたまらなく美味しい。

あったら頼むポテトサラダ。

以前は酒徒庵と同じバジルのポテサラだったようですが、いぶりがっこのポテサラでした。

生牡蠣の盛り合わせ3種類。大小様々なので、選ぶのに気を使ってしまいます…

予算に余裕があるのなら、一人1皿オーダーしたほうがいいかも。

お次は、ピンクのやまユ。改良信交という初めて聞いた秋田の原料米。純米生もとを6号酵母で醸したお酒。

酸味が強いかと思いましたが、少し寝かせてあったようで、思ったよりマイルド。

 

右のふたつは、田中六五でおなじみの白糸酒造さんの、シライト70と50。

田中六五は、万能な食中酒という印象でしたが、シライトは華やかテイスト。個人的には低精米のほうが旨味があって好き。