注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

ホスピタリティが光るレンガ坂の名店 中野「青二才」

中野の南口におしゃれなお店がたくさん出来ているのに、ずっとノータッチ。

以前から行きたかったのに、タイミング悪く予約がとれないこともあり、数年前からの念願かなって「青二才」に初訪。

言わずとしれた中野の名店です。短時間の滞在でしたが、名店たる所以をばっちり堪能してきました。

店員さんが日本酒とおもてなしのプロ

開店間際なのに、店内は満席。予約はマストですね。

奥のテーブル席に通されました。ウエルカムカードには季節の言葉と、優しい気遣いがうかがえる言葉が書かれています。毎回変えてるんでしょうね。

いつもはビール!ですが、今日は「KIRIN 樽詰めシードル」。もろジュースで、瞬殺飲み。

早速日本酒の人も。お値段はこんな感じ。ちょっとお高めかな。

飲んでないけど、栃木の「姿」純米吟醸生原酒。

お通しは、お出汁たっぷりの鶏つみれ。

ほわほわの鶏つみれと、お出汁のたっぷりと効いた小さな小鍋並のお通し。これでお酒飲めますな。

毎回書きますが、お通しが美味しいと、お料理のクオリティが高いお店が多いので、期待値アップ。

早速日本酒をオーダー。

滋賀の笑四季酒造が醸す「笑四季劇場」は、すべて一回限り、ゲリラ出荷される限定シリーズ。

滋賀県産の「山田錦」を自社の吟醸系酵母で醸し、やや辛口のテイスト。一夏の熟成だそうで、まろやかさを帯び、吟醸香とお米の滋味が共存した最新作。とのこと。

つまり、ひやおろしってことでしょうかね。酵母も笑四季吟醸酵母とのとこで、初めての出会い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

笑四季劇場 混沌のなかの法則 720ml
価格:1540円(税込、送料別) (2022/10/26時点)

楽天で購入

ということで、カンパイ!

日本酒のラインナップはこんな感じ。日替わりでラインナップが変わるようです。

飲んだことのない銘柄もちらほら。日本酒博士にチョイスをお任せしましたが、うまいことあまり飲んだことのないお酒を選んでくれました。

スタッフさんは日本酒に詳しそうで、欠品の場合の代替えなどすぐに提案してくれます。

ひとりひとりのプロ意識が高く、ブロガーならではの「ボトル持ってきてください」にも、先に「ボトルはお持ちしますか?」と提案がありました。

和らぎ水も、グラスからなくなることなく、ひたすら満杯に注いでくれます。

日本酒のお店には結構行きますが、ここまできめ細かい対応をしてくれるところは少ないです。

手間を惜しまず作られた一品料理の数々

本日のお料理はこんな感じ。メニューはどれを見ても美味しそうで選ぶのが大変すぎ。

この日は次の会もあり、1時間半程度の滞在となるので、この中から厳選せねばなりません。

色鮮やかな「真鯛と無花果のマリネ」

昆布締めでねっとりと〆られた真鯛と、旬の無花果をあわせ、酸味控えめのマリネ。

果物のおかずが好きな私には大ヒット。こういうものを食べると、酒の場では、「酢豚にパイナップルはありかないか」の論争が始まります。

この日一番の渋いおつまみ到着!「長芋のたまり醤油漬け」。わさびがついているのが心憎い。

なかなかの濃いめの味付けなので、液体ではなく個体の米にも合いそうです。

お次は「燻製トリオ」。

酛シリーズで日本酒に燻製のおつまみを合わせることを知りましたが、ずっと鉄板のおつまみとして定着していますね。

左から、カマンベール、うずら、沢庵。

この2品は、塩分がかなり強めに作られているので、気をつけないとお酒が止まらなくなります。危ない。

ということで、すかさず酒追加。

左が九十九里の「寒菊」”超”限定無濾過生原酒「Monochrome」。

山酒四号は山田錦と金紋錦を交配して産れた山形県の酒米、別銘は「玉苗」とのこと。

とろみすら感じる濃厚な生原酒で、甘美。しつこい甘みではなく、クリアできれいな酒質。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千葉の地酒寒菊 -Monochrome- 純米大吟醸無濾過生酒【寒菊銘醸】720ml
価格:1815円(税込、送料別) (2022/10/26時点)

楽天で購入

右が新潟の「菱湖」純米ドライ。

寒菊と相反するキレキレのドライ。シャープな酸味がお料理を選ばず色々マッチしそう。

1升で買うと、3,000円を切るので、家飲みの食中酒としてもぴったりかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

菱湖 りょうこ 純米ドライ 1800ml
価格:2640円(税込、送料別) (2022/10/26時点)

楽天で購入

これらのお酒に合わせるのは、「鶏白レバーペーストブリュレ仕立て」。

赤坂の名店、鳳さんの人気メニューでもあるレバーブリュレですが、こちらはなんと「白レバー」です。

上を砂糖でキャラメリゼしてるのが、普通のレバーペーストや、レバームースとの違い。

一休.comレストラン

朝挽き鳥を使用した焼鳥や鳥刺しに舌鼓を打ちながら旨い地酒を。朝挽き鳥を使用した焼鳥や鳥刺しに舌鼓を打ちながら、旨い地酒を…

3人だから、2枚食べらますね。よしよし。

遠慮がちに盛った1枚め。

結構余っていたので、大盛で2枚め。

レバーブリュレは自分でも作るのですが、上をキャラメリゼすることで、普通のレバーペーストよりワンランク美味しくなる気がします。もちろん、お酒にも合います。

パンをどけると、お風呂に入ったひょうきんな玉ねぎおじさんが「飲む?」ってお酒を勧めてきます。

そろそろお時間も近くなってきて、最後の1杯。

神奈川いづみ橋の「秋とんぼ」山田錦 生酛純米酒。もろ生酛って感じはあまりなかったですね。

酸味はそれなりにあるのですが、低精米とのことで、ぼっくりとした旨味との対比で、芳醇な旨口に仕上がっています。

旬ですね。今年初の「白子の天ぷら」天ぷら揚げ上手の証、カリカリの衣。

ねっとり濃厚な白子を、硬い衣が覆い、食感と味のコントラストを楽しめました。

これを、どんぶり一杯食べたい…ちと、気持ち悪くなるか…

 

ということで、残念ながらお時間です。

まだまだ食べたい物、飲みたい物がありましたが、後ろ髪を引かれながら退席…(ノД`)シクシク

 

お値段は若干張るものの、手間を惜しまず作られたお料理と、スタッフさんの心温まるホスピタリティで、とても満足度の高い会食となりました。

今度はもう少しまったりと楽しみたいですね。ちなみに飲み放題もありますので、ガンガン飲める呑兵衛さんはそれもいいかもです。

 

食べログで予約出来ますが、2席のテーブル席が多めで、3人以上だと変則的にお客さんの出入りがあり難しいようなので、電話で問い合わせるほうが確実そうです。

大きなお店ではないので、やはり少人数がおすすめでもあります。

中野レンガ坂は、外から見るだけでワクワクするお店がいっぱい。また探索します。

 

食べログで予約

食べログ

★★★☆☆3.47 ■【中野駅徒歩1分】中野レンガ坂を上ると左手にあるサクッと飲める日本酒のお店◎ ■予算(夜):¥3,…

お店へのアクセス