注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

お料理がグレードアップ!神田保夜萬歩参

神田の西口。本当に駅前徒歩30秒なのに、近すぎて迷う人続出。

3階が焼き鳥の本店、4階がおでんのお店になります。保夜萬歩参。

賑わいはあるけれど、騒がしくはない。

平日は場所柄楽しげに飲んでいるサラリーマンが多いです。

保夜萬歩といえば、熱々蒸したての茶碗蒸しがお通しですが…

カリフラワーのポタージュと、牛タンシチュー。

お通しレベルを超えたハイクオリティなお料理。タンシチューの下にはちゃんとマッシュポテトがしいてあるという本格派。

プレオープンにお邪魔したのですが、料理長が変わったらしく。

そして保夜萬歩といったら、もちろん雨後の月ライン飲みが出来ます。

今回は大好きな十三夜に出会えました。そして貴重なおりがらみ。新月も本醸造とは思えない上品な味わいできれいなお酒です。

3号店はおでんがメインのお店になります。

今回は新商品のだし巻きをチョイス。おでんにだし巻きとは、不思議な組み合わせですね。

出汁がシミシミのきりたんぽは、やっぱりマストです。

透明なお出汁で上品なので、関西風かな。

一品料理は本気の洋食がずらり。

よほどの自信作なのか、そこここに「カニクリームコロッケ」のポップが!

スタッフさんが本当に美味しいのでぜひ!とのお墨付きで、思わずオーダー。

これが本当に大当たり!

丁寧に仕込まれたきめ細かい黄色いベシャメルに、蟹の旨みたっぷりでウマすぎて悶絶!

3号店のメニューにはないのですが、本店のレバ刺しを特別オーダー。

本店が下なので、用意があれば持ってきてくれますよ。

松の寿の山田錦。

比べて飲むと、雨後の月の綺麗な酒質と、マツコトの濃厚さがよくわかりました。

松の寿も多数置いてありますので飲み比べができます。参考にこちらのレポもぜひ。

お燗に合いそうな甘い鴨。

そして、復活してた保夜萬歩名物の餃子。

よく品切れしてて寂しい思いをします。日本酒よりビールって感じですけど、毎回あれば頼んでしまいます。

保夜萬歩のルーツは、女将のお父さんが中華料理屋さんで、同じ店名らしいです。

プレミアム度がどんどん上がっていく而今。

1合980円なので、それでも割安で提供していただけます。

本当はカンパイ酒のようですが、ずっと飲みたかった岐阜小左衛門の悪うさぎ。

ゆっくりオリを混ぜたんだけど、開けたら爆破させました。ほんとにいたずら兎です。

スペックが-5なので甘口なのでしょうが、オリの渋みでそこまで甘くないですね。

うさぎのクチに何かが書いてあるんですが…

「暴飲暴食な悪うさぎで、クチにヘルペスが出来たのか」

と思ったら、クチピアスだった…模様そっちのワルか!(汗)

徳島の三芳菊。萌えラベルハーレム飲み。

このお酒は賛否両論だけど、私は好きです。

地元の徳島酵母を使って甘酸っぱいジュースのようなお酒の印象ですが、銘柄によってはまったく違う味のバリエーション。

ラベルを含めてとにかく楽しい。

飲んでいると胃がおかしくなるのか、食欲スイッチが入った人がここでメンチカツをオーダー。

超粗挽きで、非常に肉肉しいメンチでした。ソースも手作り。

〆には酒米美山錦のリゾット

美山錦の鶏ときのこのリゾット。特に信州で多く作られている酒米。

美山錦のお酒は何種類飲んだかわからないけれど、食べるのは初めて。

これが完璧なアルデンテリゾットびっくり。「トマトおじや」じゃないんです。

飯米と違って、心白がしっかりしてることも関係しているのかしら。

最後に大国のお燗でお酒も〆。

甘めで濃いお酒だけど、酸味が少ないのでお燗どうかと思ったけど、まったり~なまろやかさでした。

ゆるゆる飲むのにぴったりです。

お料理がグレードアップして、ますます人気店になってしまうかもしれない神田の名店です。

食べログ

★★★☆☆3.09 ■神田駅西口徒歩10秒!一年中食べられるおでんと季節の一品料理に舌鼓。地酒は常時50種以上◎ ■予算…

お店へのアクセス