注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

川口「酒場わたなべ」シメのフォアグラご飯に悶絶!

あまり来ない川口。

Facebookやブログの投稿が面白いので、一度訪れてみたかった「酒場わたなべ」に遠征しました。

スナックの居抜きかなと思わせる店内

日本酒と自然派ワイン、そして高級食材を使いつつリーズナブルなお料理を提供してくれるお店のようです。

入るときは靴を脱ぎます。

絨毯引きで、椅子やテーブルもなんだかスナックの居抜きかなと感じさせる不思議な空間。

お通しは鰆の卵を煮たもの。

この日の超おすすめ!生本マグロのお刺身。

左が赤身で右がトロになっていきます。鮪の半身を厚切りにしているようです。これで1500円!

切ってくれてますが、好きな部位がかぶるとこれは喧嘩になりますね…。

お刺身に合わせる感じじゃなけど、最初に華やかなお酒をオーダーしました。

埼玉の花浴陽。

石数が少ないみたいなので、東京ではあまりみかけることがないのですが、埼玉の地酒なので、埼玉だと扱ってるお店も多いのかな。

お花系の華やかさと、濃密な甘味。男性陣にはちょっと甘すぎたみたいです。

鯵のなめろう。

素材がいいのか、味付けが絶妙なのか…スタンダードですが、今まで食べたなめろうの中で一番美味しい!

ホタルイカの塩麹漬け。

これがまたまたいいです。塩分濃い目なので、お酒のアテとして絶品です。

ごま油がかかってるあたりも、やるな!って。お家でもちょっと試したくなる。

辛い酒がいいっていうので、秋田の天の戸。

純米酒ならではのふくよかさで、辛いという感じではないですが、キレがいいお酒です。

こちらの肴は、たしかに酸が強めのお酒が合うかもしれません。

合鴨のグリル。

バルに行くと、バルサミコとはちみつとかで甘いパターンが多いけど、きっちり塩味。

脂に甘みがしっかりあって贅沢なグリル。

個人的に島根といったら最初に思い出すのが王祿。精米80%。

相変わらず精米80%とは思えない美しさ。直汲みなので、まだピチピチ。

これはみんな気に入ったみたいでお代わりしました。

クリーミーポテサラ。

ポテサラというより、マッシュポテトですね。きめ細かいじゃがいもにクリームチーズの濃厚さ。

とろけるシルキーな舌触り。手がかかっているのがわかりますね。

宮城の日高見。王祿の後だと大分あっさりに感じます。

お刺身に合わせたほうがよかったかな。

自家製マヨネーズのフィッシュアンドチップス。

自家製マヨネーズも超絶旨いんだけど、それより、魚が青魚だったのが驚きました。

普通はタラなどの白身魚ですよね。マヨネーズは酸味が強く、お酢をかけなくともOK!

静岡開運の愛山。

前評判がよかったので飲みたかったけれど、なかなか機会がなかったので。

愛山のキュートな酸と、バランスのよい甘みが良き。

桜えびのかき揚げ。

これもテーブルに置いた瞬間から、桜えびのいい香りが。衣もザクザク。

素人はなかなか出来ない揚げ具合。

自家製豆腐。

こちらもやられました。大豆感がすごくてあまーい。とろうま。

※私のNo.1自家製豆腐はらすとらあだの豆腐なので、いまのところNo.2です。

こういうのも間違いないでしょう。卵焼き。ちょっぴり甘めが好みです。

そろそろ豪華な〆でフィニッシュします。