注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

中野「いざ宵」で〆は絶品のお蕎麦と春のかき揚げ

東高円寺にある「杉並まん月」の分店

中野のゴエモンで10秒とろとろレバーを楽しんだ後、はしごで〆のお店に伺いました。

南口マルイの隣にある雑居ビルの3階。

できた当初から日本酒好きには話題のお店で、お友達のFacebookで知りました。

店内は絨毯弾きで入るときは靴を脱ぎます。それだけでちょっとリラックスした気持ちになれます。

2人で予約してあったのですが、カウンターがいっぱいで、5人のテーブル席に案内されました。

カウンターが空いたら移動するよう言われたのですが、結局この広いテーブルで贅沢に過ごすことに。

最初の1杯はこちら。大好きな群馬の町田酒造。

私は、特にここの雄町の直汲みがお気に入り。程よい甘みとフレッシュ感あふれるお酒です。

こちらはお店のオリジナルPB。

酒米の他、スペックはすべて非公開。官能で楽しんでほしいというブランドなのでしょうね。

お通しはこちら。右は上げ蕎麦。こちらはいつ来ても固定のようです。左が鰆の南蛮漬け。

これだけでお酒がすすみます。

ご一緒した女性がエビが大好きだったので、えび味噌をチョイス。

カニ味噌は結構ありますが、えび味噌は珍しいのでは。エビの頭の旨味だけを凝縮した濃厚な酒の肴。

単品で濃厚さを味わった後に、下に大根おろしと併せて食べても美味です。

お腹は満たされていたので、渋めのつまみで、鮭とばを。

干してあっても脂ののった鮭であることがわかり、温めて供されますが、とてもしっとりとして甘い脂を楽しめます。

時間が経って冷えてくると、水分が飛んでパリパリになり、食感と味の変化を感じられたのは予想外な喜び。

定番酒・レア酒とバランスのよい生酒ラインナップ

お次のお酒は雨後の月。お目にかかるのが珍しい愛山です。

以前蔵元の広報の方とご一緒したことがあるのですが、愛山は蔵でもなかなか飲めない銘柄のようです。

雨後の月に共通する、華やかできれいな酒質に、愛山独特の優しい酸が後味を〆ます。

こちらが新玉ねぎと菜の花のかき揚げ。甘さと苦味をまとった春の味わい。

そしてそろそろ今宵の〆と参りましょう。そばつゆが運ばれて来ましたよ。

せいろを1人前。丁寧に仕事のされた、美しい佇まいのお蕎麦を二人で。

つるっとした喉越しと香りを楽しみました。上質な肴とお蕎麦、そして希少な日本酒…大人の夜を堪能しました。

 

オープン時の初訪はこちら

関連記事

中野の南口は最近熱いお店が多くなってきました。 3月にオープンしたばかりの「いざ宵」さんに初訪問。こちら東高円寺にある「まん月」さんの分店になります。 人のお家に招かれたみたいなリラックス感 暖簾をくぐる前に全員靴を脱ぎま[…]

食べログ

★★★☆☆3.39 ■60種以上の豊富な日本酒と旬菜、鮮魚、山形牛、〆に蕎麦が楽しめる大人の隠れ家 ■予算(夜):¥4,…

お店へのアクセス