注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

「深川萬寿庵」で熟成酒と共に鴨鍋と蕎麦を

門前仲町のはしご酒、この日のメインはお蕎麦屋さんで鴨鍋を。

厳選された北海道・茨城などのそばの実を毎朝丁寧に石臼引きし、伝統の江戸前蕎麦を提供しているお店です。

日本酒とともにお蕎麦を嗜むのが楽しくなったのは、私が大人になった証。にやり。

気の利いた酒菜とともに日本酒を

とはいうものの、やはり最初はビールを。

店内はリニューアルしたばかりで、木の香りが清々しく、落ち着いてお食事が楽しめる空間。

先付けは、お蕎麦屋さんらしい、板わさ・パストラミの鴨・いくらと大根おろし。

一番嬉しいのは旬のいくら。

ビールを飲み勧めながら、ちびちび食べたいところですが、空腹だったため瞬殺で平らげる大人気なさ。

次に、甘い卵焼き、海ぶどうポン酢、干しうるめいわしとマヨネーズ。

うるめいわしの乾燥っぷりが凄まじく、前歯折れるかと思うくらいでしたが、噛めば噛むほど味が出て病みつき。

マヨネーズで更に油とコクを足して、一心不乱にガジガジしている姿は我ながら、まるで腹ペコのアシカのよう…涙

大人気なさから女っぽさもマイナスさせました…涙

藤井酒造の社長とご一緒していたので、お酒はもちろん龍勢一択。

最初のお店でいただいた八反錦の生もとと米違い(山田錦)も飲み比べ。

さらに備前雄町の生もとも。

最初は冷で頂いていましたが、やはり旨味も酸味も多い龍勢は、お燗が好きです。

飛び切り燗からの燗冷ましで、色々な温度変化で味の違いを楽しみます。

お楽しみの鴨鍋が到着

メインの鴨鍋が到着しました。

最初は大量の野菜とだし汁だけで煮込み開始。

何度もお鍋に鼻を寄せて、お蕎麦屋さんの芳しい出汁の香りに思いをはせます。日本人でよかった…。

野菜たちがくたっとして、あらかた火がはいったら、一気に鴨を投入して、しゃぶしゃぶしていただきます。

鴨がたっぷりすぎる鴨鍋。濃いめのお醤油で甘みが少ないTHE江戸前な出汁。

広島出身の藤井社長と油谷監督は、色の濃いお出汁に昔は抵抗感があったそうですが、昔から江戸っ子はキリッと塩分の効いた味が好みかもしれません。

鴨鍋のだし汁をお蕎麦のつけ汁に

シメに美しい佇まいの二八そば。

「下町の職人さんがつくるお蕎麦」というワードだけで、すでに美味しさが約束されているわけです。

一人でせいろ一枚いただけるので、たくさん食べたい私にも大満足な量。

鴨と野菜の出汁が加わったお鍋のだし汁をつけ汁にして、お蕎麦をいただきます。

野菜の水分で塩分もすっかり和らいでいて、かけそばのようなほどよき塩分濃度で、自分で鴨蕎麦を完成させる要領。

汁も一緒に飲みながらお蕎麦を食べ進めて、あっという間に完食。

お新香を途中に挟んで、フィニッシュ。

お燗酒は、体に優しいので程よく酔いました。お腹はかなりいっぱいでしたが、トドメのもう一軒。

 

門前仲町はしご酒で回った2店舗もぜひ参照ください↓↓

関連記事

深川不動で護摩祈祷に参列した後に、門前仲町を3軒はしごしました。 この日は龍勢を醸す藤井酒造の藤井社長と、社長と同級生でもある映画やテレビで活躍する油谷監督とご一緒しました。 1件目は藤井社長の案内で、女性もふらりと一人[…]

関連記事

門前仲町はしご酒、最後のお店はカウンターだけの小料理屋さんへ。 席の空きがなかったのですが、サラリーマンの方に席を譲ってもらい無事着席。 底抜けに明るい女将と、女子大学生のアルバイトさん2人が、お店を仕切っています。 […]

 

食べログ

★★★☆☆3.52 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999…

お店へのアクセス