注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

中野南口に手打ち蕎麦の新店「いざ宵」

中野の南口は最近熱いお店が多くなってきました。

3月にオープンしたばかりの「いざ宵」さんに初訪問。こちら東高円寺にある「まん月」さんの分店になります。

人のお家に招かれたみたいなリラックス感

暖簾をくぐる前に全員靴を脱ぎます。床が絨毯敷なのです。

この日はカウンターに通されました。グループの場合は、テーブルもあります。

まずはハートランドをぐびっと。

お通しは揚げたお蕎麦と、出汁のきいたトマトのおひたし。

お刺身は3点盛りをオーダー。

青魚が多かったので、同席した友達が「青魚苦手」と言ったら、鯛、平目、ホタテに変更してくれました。

ホタテは卵の部分を軽く湯引きでとても甘い。生臭みはもちろんゼロ。

鯛と平目はちょっと熟成させてました。旨味凝縮でねっとり食感。

白魚のお刺身。こちらは生姜で頂きます。

目が怖い…のは私だけですかね…。

日本酒にチェンジです。

左は群馬町田酒造のお店用PBです。右は山形の秀鳳恋おまち。両方乾杯酒にふさわしい芳醇さ。

PBの方はスペック非公開でした。酒米はブレンドかもしれませんね。恋おまちと同じ系統のテイストでした。

大人のチーズフライ。何が大人かというと、スモークチーズなんです。

これはお燗に合わせたほうがよかったかな。

揚げ物&チーズでハイカロリーですが、燻製香とサクサク感が病みつきになり、瞬殺で無くなってしまいました。

牛すじの煮込み。

野菜も具だくさん。濃いめの甘辛い味付けで、筋もとろとろ。

「晴れすがた」という名前に惹かれてチョイスしたら、栃木の姿のピンクラベルでした。

ちなみひやおろしになると「艶すがた」になるみたいですね。

春の新酒らしく、華やかな香りと爽やかな飲み心地。

右は、山形の「森のくまさん」。

加藤清正公の子孫が醸す栄光富士の特別酒。呑むと熊本復興支援に売上金が回されます。

ラベルはかわいいのに、ちゃんと旨味があるきれいでバランスのよい純米大吟醸です。

いぶりがっこチーズ。

チーズはどこだと探したら、下に入っていました。お店によってパターンのいぶりがっこチーズがあるんですね。

スタッフのお姉さんたちが、何度も「今日はいい牡蠣が入っている!」と勧めてきます。

一口でもいけるんですが、4等分にしてもらいました。

友達が牡蠣が食べられないんだけど、私も美味しい岩牡蠣を食べてから食べられるようになったと言ったら一口ぺろっと。

美味しかったみたいで二つ目もぺろっと。

三重県の畔蛸というところの牡蠣でした。

後で調べたらノロ対策もばっちりで、松葉ガニみたいにタグでブランド化してる高級牡蠣とのこと。

口にいれてから胃に落ちるまで、2秒くらいの出来事なので…生牡蠣って儚いわぁ。

可愛いラベルシリーズでおすすめされた千葉の「福祝」。右は鉄板の佐賀鍋島new moon。

蔵で飼ってたラブラドールらしいけど、太り過ぎて2匹が立て続けに亡くなってしまったという悲しいエピソードをお店の方が…

全然「福祝」じゃないんですけど…切なすぎ…( TДT)