注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

熟成酒を愉しむ三鷹「焼鳥山もと」見せる収納までスタイリッシュ

三鷹にあるスタイリッシュな隠れ家焼き鳥屋さんに連れて行ってもらいました。

小さい看板で地下。見つからないようにひっそりと営業しているみたいで、なんだかワクワクしますね。

席はカウンター16席。予約は必須ですね。

大人が静かに酒坏を傾けています。広い空間を贅沢に使った日本酒バーです。

火入れ酒を整然と陳列し見せる収納

まずこちらの日本酒セラーにびっくり。

お客さんが自由に入れて銘柄を見ることが出来ます。常温なので全て火入れ酒。ワインも少し。

温かい色の電球で照らして、スタイリッシュに見せる収納。

たくさん仕入れても火入れ酒ならそのまま熟成できて一石二鳥。

とりあえずビールを。ヴァイツェンです。

シャンパンのようなきめ細かい泡立ちと、苦味が少ない小麦のビールはいっぱい目にいいですね。

お通しは、ひき肉そぼろとくるみを和えたものと、枝豆の煮浸し、そして胃を温める鶏スープ。

ここから日本酒にチェンジ。

ボトルは持ってきていただけないのですが、最初は石川の遊穂をあわせてみました。

珍しいのは冷でも、おちょうしで供されるところ。

こちらは「生つくね」

本当にレアです。細かく叩いているので、粘度が高く団子になってます。

なかなか箸で取り分けるのも大変ですが、食べるとネットリ感がクセになります。ネギだくがいいですね。

白レバーとフォアグラのムース。

横にあるはちみつをちょっぴりかけて頂きます。

全然臭みはなく、濃厚な旨味とはちみつの甘さが極上で、お酒が進みます。

これはお燗だろう!ということで鯉川の6年古酒などをチビチビやりながら。

洗練されたライティングのカウンター16席

カウンターのライティングもレイアウトも洗練されています。

お燗は、スタッフさんがマニュアル通りの温度でつけているようでした。

オープンキッチンは何かと楽しいですね。

焼き鳥6本コースと野菜1本コースをオーダー。

まずは、鶏わさ。中はレアです。

ハツも大好き!こちらもややレア。

ムチムチっとした食感と美味ですね。

脂がのりのりのせせり。

つくね。

こちらは軟骨が入っているけれど、かなり細かく砕かれていました。

これだけで食感がだいぶ違うものですね。

安定のねぎま。

もも肉は歯ごたえもしっかりで、ぎっちり詰まっています。

野菜串のズッキーニ。

最後に極上にとろける、半レアのレバー。

 

龍勢のお燗やら濁りのお燗もいただきました。

温度は希望を言えば調整してくれるようですが、飲み慣れたお酒でなければなかなか温度を指定するのは難しいですね。

やはり、お店のおすすめ温度におまかせするのが一番かな。

〆は贅沢に卵が使われた親子丼で。

味がやや濃い目でこれでさらに酒が飲めます。これはいけない…

裏路地にあって、お外にはこの小さな照明しかないので、初めて行くと探すのがちょっと大変かも。

平日の早い時間から満席でした。

気の利いた一品と、たくさんの熟成されたお燗酒が楽しめます。

 

食べログ

食べログ

★★★☆☆3.69 ■真摯に、本気で焼鳥に取り組む店主がいる店。 ■予算(夜):¥8,000~¥9,999…

お店へのアクセス