注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

登戸「更科」研究熱心な店主が作る肴と蕎麦

浅草を賑わせている「まるごとにっぽん」。

こちらで日本酒と食品バイヤーを務めている知人の女性が、ガイアの夜明けに出演しました。

そしてこちらの店主さんが結婚されたとのことで、Wの祝福でお店に集まりました。

登戸…初めて下車しました。徒歩1分の立地にあるお蕎麦屋さんです。

手間のかかった酒の肴

お通しは出汁のきいたきのこのおひたし。

立派な牡蠣のオイル漬け。

加熱してこの大きさだと、生だとかなり大きい牡蠣だったのでは。

自家製からすみ。

お店で手作りしているそう。なかなか手間がかかるものらしく、最後はお店のベランダで干しているとか。

まんまるの大きな厚揚げ。

中は絹ごし豆腐で、外はガリガリで中はとろとろで熱々。

たっぷりの薬味も用意されていて、爽やかにいただける揚げ物。

最初は生酒を…ということで、広島の雨後の月と、山形の上喜元。

BlackMoonは、雨後の月の中では特に好きなブランド。キレイでバランスがいい。

上喜元は、酸が結構高めの辛口でした。

ちびちびやりながら、お酒が止まらなくなるおつまみセット。

手前がなにかの塩辛(失念しました…)

見た目、内蔵がたっぷりでグロい感じなのですが、食べると口の中が海になるくらいの磯感。

その奥が葉わさびの佃煮。

お酒にもいいけど、ご飯のおかわりが止まらなくなりそうです。

こちらがウニ味噌。ウニの磯感がしっかり生きたお味噌

奥が生の菊芋。別のお味噌で食べるのですが、ザクザクの歯ざわり。

菊芋ってイヌリンという食物繊維が豊富なので、整腸作用や血糖値コントロールにもいいですね。

お燗酒も豊富です。

普段お燗酒のイベントなどをされているので、生酒よりラインナップが多いかもしれません。

埼玉の酒造を仕切ってい新亀。神奈川の昇龍蓬莱。

両方とも温めることにより旨味がアップする、いわゆる燗上がりするお酒なので、全国にファンが多いですね。

お燗の良さがわからない…という場合は、これらを試してみるのはいいいですね。

青森の七郎兵衛と三重の八兵衛。

 

楽しいトークもお酒のつまみになりますが、日本酒業界の話を色々聞くと、なかなか狭くてちと面倒そうだなぁと…

聞いてるだけだと面白いけど、割りと古い風習が残ってそうで、仕事でかかわるとちょっと大変そうです。

とろとろの湯葉。

卵焼き。

お蕎麦屋さんのだし巻き…というよりお寿司屋さん寄りの甘くて固いタイプでした。

鶏わさ。

お酒を飲む時はタンパク質のつまみをたくさん食べると、酔いが回りにくくいいですね。

二日酔い防止にも。

最後にお蕎麦を。

初めてのおそば屋さんで最初からそれ頼むのかよ!って怒られそうですが…

カレー蕎麦です。つけ麺タイプ。おそば屋さんの出汁のきいたカレー久し振り。

具も量も多く、お蕎麦食べ終わったあとに、ご飯いれて食べたいくらいでした。

 

そしてこちらのおそば屋さんの雰囲気は「おちつく昭和」。

常連さんがテレビと新聞を交互に見ながら、お蕎麦をすすっている光景は、なんか、古き好き日本って感じです。

閉店時間も早い…。

 

食べログ

酒縁 さらしな/【旧店名】更科 (登戸/そば)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザー…

お店へのアクセス