注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

飯田橋「遊」で女性杜氏が醸す「結・朝日榮」の会

飯田橋の焼き鳥屋さん「遊」にてとっても素敵なお酒の会に参加しました。

茨城の「結」と栃木の「朝日榮」を飲み比べます。

二人の女性杜氏の夢の共演です

洗練されたお品書きに期待が高まります。

お通しは、2種の地鶏ささみと青菜のおひたし。

青菜のシャキシャキな歯ごたえが心地よし。

乾杯酒が配られます。カウンターまで満席の大盛況!

両方ひやおろしです。結は美智子杜氏が大得意の備前雄町。

朝日榮は美山錦のひやおろし。酒質はまったく逆に感じますね。

結はエレガントでスイート。朝日榮はまったりとしたコクとキレのある万能食中酒という感じです。

ローズポークのごぼう巻。こちらは脂が多めのお肉は甘いです。

合わせるのは結城酒造の富久福。

まだピチピチが残ってます。これで脂を切るという組み合わせ。

メニューを見て楽しみにしていたのがこちら。

あさの豚のシャインマスカット。肉と果物の組み合わせが好きなので。

普段からブドウ巻きはあるらしいのですが、ギュッと果肉の詰まったシャインマスカットの甘味と豚の脂がマッチ。

実は家で試してみたのですが、安いぶどうと安いお肉では全く別物でした…

あわせたのは朝日榮の五百万石火入れ。

冷でも十分に美味しいのですが、若干酸味が立つのでこちらはお燗を試したかったですね。

茨城の郷土料理、すだれ麩。

これは初めて食しました。細長く伸ばした麩で戻すのに1時間くらいかかるとか。

酢味噌和えで頂きましたが、地元の美智子杜氏曰く、「超上品に仕上がっている」とのこと。

これに合わせる次のお酒が来ましたよ。

あわせたのは結やまだにしき。こちらは雄町と同じ製法、麹、酵母で、米だけ変えたそう。

こちらも糖分が多く残っていてスイーティ。

栃木しゃものもも。地鶏だけどちょっと柔らかめの肉質。

こちらにあわせたのは、ほぼ地元でも販売していないという朝日栄の「本生」。

まろみのあるまったりしたお酒で、どんなお料理にも合いそう。

彼女の作るお酒は派手じゃないけれど、どこか優しさや温かさを感じる味です。