注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

ご夫婦で切盛りする大塚「和酒とやきとり 朱雀」で完璧な火入れの焼き鳥を堪能

ご夫婦で営む小さな焼き鳥屋さん

お酒のイベントで、こちらの店主さんとご縁があり来店しました。

神田にあったKURARA(現在は閉店)というぬか漬けと日本酒のお店で働いていらして、ご主人とはちょっとだけ面識もありました。

昨年独立され、こちらのお店を開店したそうです。

大塚と新大塚のちょうど真ん中くらい。

雑居ビルの入り口に小さな杉玉。こちらが目印でお店は2Fにあります。5席のカウンターにはすでに常連さんが並んでいます。

一番搾りプレミアムという飲食店限定ビールで、喉を潤します。

お通しは野菜と鶏を使ったもりもり3種。

全部味が濃いめでこれだけでお酒が進みます。

ということで早速日本酒をいただきます。1合700円から1500円くらい。

お酒の買い付けにも自信があるようで、幅広い銘柄が堪能できます。

最初の1杯はこちらにしました。群馬柳澤酒造の結人。

柳澤酒造には以前蔵見学に行きましたが、結人はとてもとても手間のかかるお酒なので、流通量が少ないのです。

あらばしりの新酒はピチピチでとてもフレッシュ!

地鶏のレバーが大人気!

地鶏のレバ刺しがとても美味との前情報で、早速オーダー。

鶏レバ刺しは大好きなので、どのお店でもあれば必ず頼むのですが、今まで食べた中で一番美味!

白レバーのようなクリーミーな濃厚さと、きめ細かいとろける舌触りが病みつきに。

こだわりの塩が決め手の揚げ銀杏

お次も新酒、埼玉の鏡山

私が日本酒にハマるきっかけになったお酒です。甘口で旨味ものっています。

加賀野菜、金時草の天ぷら。

薄衣でサックサクな食感が軽快。金時草にはちょっと粘りがあります。

お店の名物ポテサラ。

通常は鯖の燻製を使っているようですがこの日はツナでした。青魚が嫌いな人がいたので、この日はツナでよかったのですが、ポテサラには珍しい鯖バージョンも食べてみたいですね。