注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

飯田橋四彩酒癒しゅんは、アイデア満載の創作料理が魅力

土曜日は日本酒もワインも飲み放題!

飯田橋の隠れ家的なお店をご紹介していただきました。

駅からは遠くないものの、奥まった路地にあるビルの3F。飲食の商いをするには、ちょっと大変そうな立地ではありますが、しっぽり飲むには最適。

鮮魚と日本酒の飲み比べがお店のコンセプト。佇まいも落ち着いています。

全国の銘酒がつまった冷蔵庫。而今、飛露喜、十四代とプレミアム酒も揃っています。

平日の飲み放題は、サワーやハイボール、ソフトドリンクが対象のようですが、土曜日はこれらの日本酒、焼酎、ワインも対象に。

まずは生ビールを。こちらも飲み放題の対象は土曜日限定のようです。
飲み放題でもとても丁寧に注がれて供されます。

お料理は7品の3000円コース。

こちらは前菜の盛り合わせ。白子のお豆腐やもろこし豆腐、柿バターやレバームースなど、食材のアレンジにセンスを感じます。

そろそろ日本酒に参りましょう。豊富なお猪口からお好きなものを。

最初は栄光富士のゼブラと、荷札の黄水仙火入れ。

荷札の火入れは初めて飲みましたが、個人的には若々しい生のほうがお酒のイメージでもあり好みかな。

大きな生牡蠣。たっぷりのポン酢ジュレがかかっています。

濃厚なミルキーが口いっぱいに。それにしても、一瞬でいなくなってしまうので、儚い食べ物ですね。

 

お次は京都の澤屋まつもとと、山形正宗のうすにごり。

ココファームのココロゼも飲み放題!

グラス800円ですが、こちらも飲み放題に入っていました。

ワインはあまり得意ではないのですが、栃木にあるココファームの「こころぜ」がありました。

ベリーの甘い香りがお気に入りです。

丁寧に仕事が施されたお刺身。鯖、鯵、帆立。

メニューにないお酒でしたが、珍しいお酒をお店の方から勧めていただきました。

こちらは山口県大嶺酒造が醸す、Ohmine Junmai 3grain。

江戸時代からの老舗蔵ながら、先代で酒造りが潰え50年以上休眠状態でしたが、2010年に復活。2017年に新しい蔵ができたそうです。

加水してあるので、日本酒にしては14.5%の低アルコールですが、豊潤ありながら、フレッシュでジューシーな味わい。

飲み放題でこういう出会いがあるのでは嬉しいですね。