注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

岡持ちから朝獲れ海鮮を選べる!新宿「魚米」

もう25年以上続く学生時代の友人と同窓会。

どちらかというと蒸留酒好きの人が多いけれど、私が日本酒を好きということでこちらのお店をチョイスしてくれました。

朝獲れの超新鮮な鮮魚と日本酒が楽しめます!

お外は寒いですが、ビールで喉を潤します。

お通しはこの量のイカの肝焼き。

塩辛状態で出てきますが、下から火をいれて、だんだん焼けてくるとお酒を誘ういい香り。

早速日本酒!ラインナップもなかなか豊富です。

魚を岡持に詰めて持ってきてくれます。漁師さんから直接仕入れているそうで鮮度抜群。

神経〆をしているそうです。この中から好きな魚を選んで食べられます。

ただ、危険なのは1尾6000円とかもあるので、魚の名前と値段は確認しないとお会計が跳ね上がります。

調理方法もお好みですが、せっかくなのでお刺身・焼き・揚げのすべてでお願いしました。

こちらもお店の名物、貝だらけの昆布焼き。

色々な貝が入っているそうですが、この日は牡蠣がメインでしたね。昆布の上で焼くので旨味がマシマシです。

日本酒もスタンバイ。

手前は愛知醸し人九平次のPB。雄町ですね。これが思ったより酸がキツめでした。

奥は5代目の杜氏ゴリさんラベルの山口の貴「魚誂え」。こっちは山田の純米吟醸でこちらもPBみたい。

もちろんお魚に合わせた仕様で、脂の多いお魚と相性がよさげ。すっきりキレイに切れていきます。

選んだお魚を好みの調理で

先程選んだお魚と貝で作ってもらったお刺身の盛り合わせ。豪華!量も多い!

カワハギと、ミル貝、イサキ。

カワハギの肝がガチウマです。ミル貝もコリッコリ。

肉質のむっちり感やら、様々な歯ごたえで、箸をすすめるごとに鮮度を実感できます。

すかさず栃木のどれを飲んでも一切ハズレ無しの、鳳凰美田も頼みまして~

このお姉さん、接客がとっても慣れていて心地よい距離感です。

人気のあるお店で、激混みだったのに、マルチタスクでよく働く若いスタッフさんがいると活気を感じますね。

和歌山の車坂。綺麗な酒より、THE酒を飲みたいというのでこちらも。

紀州黒潮魚に合う吟醸酒というサブタイトル付き。

地元の寿司屋さんに寿司に合う酒を依頼されて醸し、徹底的に食材をフューチャーした作りをしたそう。

旬の一品料理も豊富です

このシーズンの白子ポン酢はマスト。

鮪の皮ポン酢。ちょっとゼラチン質のある珍味ですね。

臭みは一切なく、ナマコのようなコリコリの食感。

先程選んだイサキの半分は焼き物に。

身に水分が多くてふっくら。脂はあまりないですが、絶妙な焼き加減で皮はパリパリです。

こちらが牡蠣鍋。生姜と酒粕のお鍋です。温まりまする。

岡持ちからの私のリクエスト!カサゴの唐揚げです。

肉もたっぷりついていて、ムチムチの筋肉質でした。ヒレのカリカリ食感がスナック感覚。

さらに広島の富久長と青森の六根を追加。

お魚に合うお酒を選ぶとなると派手さがなくて、食事に寄り添うものをチョイスしたくなりますね。

最後にシメのご飯を頼んで終了。

人気店なので、2時間で追い出されますが、飲み食いを一気に済ませた感じです。さすが全員男子。

最初はクエ鍋のコースのはずでしたが、やっぱりアラカルトがよくて辞めたそうですが…

2時間でクエ鍋コースくらいのお会計になりました…食べすぎ、飲みすぎ。

食べログ

なきざかな 新宿店/【旧店名】魚米 (新宿/魚介料理・海鮮料理)の店舗情報は食べログでチェック!【新宿 東南口 徒歩1分…

お店へのアクセス