注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

出雲七冠馬の無濾過生原酒セブンをライン飲み

島根七冠馬「セブンの会」に参加しました。

東京で販売をお手伝いしている知人が主催したイベントで、「セブン」とついているのは無濾過生原酒で、ほぼ全種類をラインで飲めるという贅沢な会です。

田村社長も島根から駆けつけていただきました。


ワンポイントメモ:泡なし酵母発祥の蔵
通常、もろみは発酵すると泡が発生します。蔵見学で発酵中のもろみを見せてもらうと、泡の質感がまるで違います。
泡なし酵母はこちらの蔵で突然変異が起こり、偶然発見されたようです。
メリットは、泡が出ない分タンクの醸造量が増えることや、タンク掃除の労力が軽減されたり、密閉タンクでの仕込みが可能で、そのまま貯蔵出来ます。
デメリットとしては、発酵具合が分からないので、プロの見立てが必要になります。

こちらが本日のレジュメ。セブンはすべて純米吟醸生酒の1年熟成。酵母は協会901号。

  1. TypeO:改良雄町50%
  2. TypeM:美山錦50%
  3. TypeK:山廃 佐香錦50%
  4. TypeY:山田錦55%
  5. TypeR:山田錦50%
  6. TypeG:麹米改良雄町23%、掛米五百万石77% 精米55%
  7. TypeC:改良雄町50%

【スペシャル酒】
純米酒で漬けた梅酒・七冠馬純米大吟醸

 

濁酒本舗は山形食材を幅広く揃えるお店ですが、今回のイベントのために、島根産の食材を取り揃えたコースが提供されました。

こちらは、島根産プロポローネピッコロチーズ。
クリームチーズ、モッツァレラチーズ、プロセスチーズをあわせたような味で、食感はもっちり。
温めると伸びるようです。スモークしてあるとのことですが、そこまで燻製香はなく癖のない味。
こちらは金山寺味噌ともろみ味噌。
発酵食品が続くと、お燗が飲みたくなりますね。
1年熟成とのことで、きれいに生熟していました。
熟成していたせいなのか、お酒の個性の違いがあまりにもはっきりしていて、これだけ幅広い味の違いがあると、同じラインでも好みが分かれるところ。
島根名物 飛魚入やき竹輪、鯛串、赤てん。
すべて初めて食べましたが、赤てんがインパクト抜群。最初紅生姜かと思いましたが、唐辛子だったようです。
練り物なのにちょっとジャンク感があって、焼いた外側のガリッとした食感も病みつきに。
宍道湖の特大しじみ汁。
肝臓によさそうで、体が温まる汁物が最初に出てくるのはありがたい。しじみも特大の名に恥じぬ、食べようと思える大きさ。

日本酒につけた梅酒は総じて美味

お酒は一人4合計算で用意されているそうで、好きなものを好きなだけ飲むスタイル。
無濾過生原酒は度数が高く17~19度。気を抜くと一気に足も記憶もとられます。ということで、酒休めの酒という「梅酒」。
日本酒の梅酒は、ブランデーや焼酎より梅の酸味の強さが心地よく、あっさりいただけます。