注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

【再訪】大塚 和酒とやきとり朱雀で鶏刺し三昧

大塚朱雀があまりにも良かったので、再訪しました。

初回訪問の記事はこちらです。よかったらこちらも併せてお読みください。

ご夫婦で切盛りする大塚朱雀で完璧な火入れの焼き鳥を堪能

アイキャッチは、よく盗まれてしまうという個性的な箸置き。今回はピグモンでした。

お通しは今回も味濃い目の3品。ほうれん草の胡麻和え、お麩の煮物、牛のしぐれ煮。

これだけで1合行けてしまいますね。

あまりの寒さに、最初にお燗をいただきました。かわいいオカメの平盃。

お店の名物変わりポテサラ。この日は生姜焼き味。

このまま丸めて揚げたら、美味しいコロッケができそうな味です。肉っけのあるポテサラって珍しいですね。

肉肉しくボリューミーです。

お燗で温まったので、そろそろ生酒をいただきます。

ご夫婦で旅行がてらいろんな酒屋を回って、珍しいお酒や定番でも入手困難なお酒を仕入れているので、日本酒好きなら楽しいラインナップが楽しめます。

濁り好きがいたので、濁り2種。

左が新潟の山間。淡麗辛口が多い新潟酒の中で(最近はそうでもないのかな)、濃いウマ爆破系で異彩を放つ日本酒です。

右が石川の手取川。ラベルの裏書きには「大人の甘酒」の文字が。

活性にごりでシュワシュワ感が強く…と言いたいところでしたが、口開けからちょっと経っていたので、すっかり落ち着いていました。

ここに来たら、鮮度を楽しむこれを食べねば。

炙りモモ、レバー、胸肉の盛り合わせ。盛り合わせの内容は日によって違うようです。

タレも多彩で、にんにく醤油にうずら卵、たまり醤油、塩ごま油と、部位とタレの組み合わせのバリエーションを楽しめる口福。

お肉の鮮度がわかる麗しきロゼ。