注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

曙橋でリーズナブルな絶品お寿司を「志げる」

カウンター7席。なかなか予約のとれないお寿司やさん

以前一度お邪魔しましたが、再訪です。

駅からは若干遠いのですが、なかなか予約が取れず…今回は良きタイミングで席をゲットすることが出来ました。

※深夜などはふらっと入れることもあるそう。

コースが2種類で、おつまみがいろいろ出てくるおまかせコース6,500円、にぎりセット3,000円の2種。

今回はおまかせコースをオーダー。

お通しは山菜のおひたし。茹で加減塩加減が絶妙で、こういう何気ないものに手を抜かないのが名店の証。

お造り。鯛、中トロ、平貝。

「美味しいものって甘いんだよ!」というのは、かの有名なグルメレポーター故阿藤快さんの名言。

こちらのお刺身も、最初に脂や旨味の甘さが広がります。

なんとなくこのお店にくると最初に頼みたくなる静岡の開運。

お正月などの振る舞い酒でよくいただきますが、何度みても賑やかでめでたいラベル。

その名の通り、飲むだけで運が開けそうですね。

キンメダイの蒸し寿司。

温かいお寿司って最近流行っているのでしょうか。他のお店でも頂くことがままあります。

酢飯がより甘く味がはっきりするので、普通のお寿司とは全く違う印象。

下に昆布が強いてあって、シャリに旨味をプラスしています。

目の前で調理を見られるのはカウンター席ならでは。

風が吹くは福島のお酒。

シルバーラベルは特別純米で、無農薬有機栽培の五百万石を原料にしています。

大和屋善内も福島のお酒。ちょっとライチのような風味のする、華やか系。

両方生酒で飲みごたえのあるボリューミーさ。

目の前でさばいていたマナガツオの焼き魚。

あっさりした白身ですが、塩気が丁度いい。ヒレ部分の骨がサクサク楽しい食感。

こちらはカツオの出汁醤油漬け。上にピーマンが乗ってます。

不思議な組み合わせですが、サクサクとした食感と青臭い風味が、鉄分の多いカツオとよくあいます。

そろそろお燗にしましょうか…と八兵衛をオーダー。三重のお酒です。

東京ではあまりお目にかからない銘柄ですが、三重に旅行に行ったときに、飲食店のショーウィンドウにたくさん並んでいました。

作や而今などのブランド銘柄とは一線を画す、地元定番酒なのかもしれません。

でっかいでっかいアサリの酒蒸し。これは肝臓にいいやつ。

身が大きいせいか、ちょっと苦味を含んでいます。コハク酸たっぷりの出汁がたまらん。

コースの〆はもちろんお寿司。

目の前で自分のネタが握られているの見るのは楽しいですね。

シルキーな舌触りと脂で鼻息が荒くなる中トロ。

皮が柔らかく、優しく弾ける絶品いくら。

細く包丁を入れたイカや、煮切りをつけた鯛、ムチムチっとした食感のとり貝に、トロたく、玉子。

お寿司は一瞬の芸術。すぐに食べたいので、ピンとが甘くなってしまい、コラージュにしてみました。

丁寧な仕事と心のこもったお料理とおもてなしで、明日への活力となるお店です。

 

こちらもどうぞ。

関連記事

この界隈の飲食店の方々が、ごほうびに通うお店だそう。 お誕生日会にぜひと毎回1ヶ月前には連絡していたのですが、2年前は満席で断られ、1年前は2席しか空いてないと断られ… 3年めにしてやっと予約が取れました。 お酒は先に[…]

 

食べログ

志げる (曙橋/寿司)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載…

お店へのアクセス