注目キーワード
  1. 中野
  2. 神田
  3. 朱雀
  4. 松の寿

お前はまだ群馬を知らない!メインブランドじゃない地酒飲み比べ

季節はすっかり冬。燗酒が飲みたい季節になりました。

そんな中、群馬で日本酒のイベントを主催している友達が、東京でイベントを開くということで駆けつけました。

東京仕様のメインブランド以外の地酒がずらり。

谷川岳は水芭蕉を醸している永井酒造、清りょう辛口は町田酒造。

群馬地酒 燗酒の会開催です!

お友達はイベント慣れしているので進行もスムーズ。

まずは有機野菜のサラダ。

脂の乗ったサンマのお刺身。

お隣のテーブルも楽しそうです。

テーブルの真ん中にガスコンロを配置して、好きな温度にしてお燗を楽しみます。

火入れ酒ばかりで、いい感じに熟成が進んでいます。

冷や常温では面白みにかけるお酒も、温めると酸味が和らいだり、甘くなったり、旨味が増して美味しくなります。

最初は生酒が美味しかったけれど、だんだんお燗酒の良さが理解できるようになってきました。

こちらは群馬泉の粕漬け。

酒粕の処分に苦労している蔵が多い中、群馬泉は例外らしく、粕が売れまくるらしいです。

あまり売れるので、社長が頭にきて酒くらいに値段を上げたそうですが、やっぱり売れちゃうそう。

群馬の味噌おでん。甘めのお味噌がかなり好み。

桐生名物、子供洋食。

蒸したじゃがいもをソースで炒めて、桜えびと青のり。なかなかのジャンク感。群馬ではこれが、おやつだそう。

そして大鍋のおでん。

これは群馬は関係なく、店主さんの持ち込みで。

3.11に津波で流されてしまった「石巻高橋徳治商店」の無化調おでん。

復活したんだそう。上質な練り物です。個人的には練り物の甘みを感じたく、もう少し薄味がよかったかな。

お燗祭りなので全部のお酒を温めます

まず冷を飲んでから、だいたいこんな感じの温度かなぁと予想を立てるのですが…

5度ずつ温度を変えて飲み比べ。お酒の40度から65度まで。

これが楽しい楽しい~!大体予想が外れてしまう。個々のお酒のポテンシャルを検証しまくりました。

最後に下仁田ネギのラーメン。

魚系のお出汁に細麺。あっさりしていて〆にぴったり。

ずっとガスコンロの前にいるので、外の寒さとは裏腹にとにかく暑い!

最後に柿でクールダウンです。

群馬泉の島岡社長が前掛けを提供してくれました。

ゲームで当たったお2人はとっても嬉しそう。

お前は群馬を知らない!そして私は群馬を全然知らなかった!ということで、貴重な体験をした楽しいイベントでした。

食べログ

食べログ

★★★☆☆3.40 ■山形の有機野菜と平牧三元豚でつくる庄内料理に舌鼓。 ■予算(夜):¥4,000~¥4,999…

お店へのアクセス